今こそ、“マーケティングの見える化”を実現

執筆者:株式会社ユーティル 取締役最高顧問  宇田川 信雄(うだがわ のぶお)

 

 100年に一度の経済危機の中に潜むビジネス機会を効率的・効果的取り込み最良の事業結果に結びつけるために、研ぎ澄まされた経営センスと共に、より一層の上質感がマーケティング活動全般に求められています。モノが売れない時代だからこそ企業論理優先から顧客視点の経営管理への転換に迫られ、「マーケティング活動の見える化」がより重要となるのです。"見える化"によって、関係者一同が経営環境情報の共有、経営戦略に対する市場の反応、経営目標の進捗状況が把握でき、また同時に、関係者全員で知恵を出し合える場が生まれます。「マーケティング活動の見える化」に欠かせないマーケティングリサーチの役割を、32年の外資系マーケティングの実戦経験から紹介します。

 

▲このページのトップに戻る