テレビ電話インタビューとは

column2_a.jpg 皆さんはテレビ電話というものを使ったことがありますでしょうか。手塚治虫の「鉄腕アトム」で、初めてテレビ電話というものを知って、いつの日かこういう機器が開発され実用化される日が来るのかと、夢に心躍らせていた人も多いのではないかと思います。そんな昔の夢が簡単に実現する時代がやってきました。ご存知のように現在のほとんどの携帯電話にはテレビ電話機能がついています。高速インターネットへの接続とWEBカメラさえあれば、パソコンからも、自宅で気軽にテレビ電話を楽しむことが可能です。このようにテレビ電話が簡単に利用できる環境は整いました。その割には、テレビ電話が普及しないのは皮肉なものですが(笑)。

 

 テレビ電話インタビューは、インターネット回線を利用したテレビ電話を活用して、グルインやデプスといった定性調査を実施します。対象者は自宅で、貸し出された、インターネット回線を利用するテレビ電話専用機器を使って、インタビュアーや他の対象者の表情を見つつ発言を聞きながら、インタビューに参加します。一方、企業担当者は、オフィスの会議室等でインタビューの様子をモニタングすることが出来ます。

 ちなみに、インタビュー対象者に貸し出されるテレビ電話機器は、とてもユーザーフレンドリーなものです。対象者は自宅のインターネット回線に機器を接続し、ボタンを押すだけでテレビ電話が実施できる。そんな簡単なテレビ電話システムを導入することによって、パソコンや機械があまり得意でない人でもテレビ電話グルイン・デプスの対象者としてインタビューに参加してもらうことが可能になりました。

▲このページのトップに戻る