1.耐久消費財とは?

 耐久消費財とは何でしょうか?
 一般には、耐久消費財とは、1年以上長く、継続的に使われる消費財を指します。耐久消費財の例としては、自動車、家電製品、パソコン、携帯電話、ピアノなどの楽器、家具などが挙げられます。
 これに対し、1回限り、あるいは比較的短期間に消費され、比較的安価な製品を非耐久消費財と呼びます。食品、飲料、化粧品、洗剤、トイレットペーパーなどです。
 では、衣類や、靴、鞄などはどうでしょうか?比較的安価なこと(中には家電製品より高い靴や自動車よりも高い服もありますが)やファッション性から頻繁に新製品に置き換えられることもあり、耐久消費財とは見なしません。そこで、半耐久消費財というカテゴリーを作り、そこに分類することもあります。

 

消費財の種類 製品例
耐久消費財 自動車、家電製品、パソコン、携帯電話、ピアノ、家具など
半耐久消費財 衣類、靴、鞄など
非耐久消費財 食品、飲料、化粧品、洗剤、服、トイレットペーパーなど

 

 

▲このページのトップに戻る