インサイトを共有するための有効な手段

 グループインタビューの発言集ができあがっても、問題はそれぞれの発言のニュアンスが文字情報では十分に語られ(表現され)難いことです。語気を強めて発言された言葉なのか、インタビュアーに促されて仕方なく発言されたものなのかの見極めが大切です。関係する多くの人がインタビューの状況や結果を共有し、その上で疑問に感じたことをその場で明らかにした後、さらにどのように解釈できるかをディスカッションする機会は非常に重要です。その集大成として、ワークショップを行うことも最近は多くなってきています。さまざまな手法がありますが、大事なことはグループインタビュー結果の読み方を全員が納得した上で、それぞれのプロジェクトの進行についての最適な解を見つけることです。これにはさまざまな手法が開発されています。

 

▲このページのトップに戻る