マーケティングリサーチのスペシャリスト

[*]前へ  [#]次へ

グループ・インタビュー/デプス・インタビューというマーケティング・リサーチ手法

 マーケティング・リサーチというと、アンケート調査を思い浮かべる人も多いかと思います。これは一般的には定量調査と呼ばれ、「○○ブランドの認知率は40%」とか「AとBを較べると、60%の対象者がAを買うと回答」といったような、数字で表される結果(数値情報)を得るためのリサーチ手法です。もうひとつ、マーケティング・リサーチの手法には定性調査と呼ばれるものがあります。定性調査は、インタビュアー(グループ・インタビューの場合はモデレーターと呼んだりもします)のコントロールのもと、6名前後の対象者による座談会形式(グループ・インタビュー、略称グルイン)や一対一の個人面接形式(デプス・インタビュー、略称デプス)によって、自由な発言(言語情報)を取得するためのリサーチ手法です。その情報を分析することによって、例えば新商品開発のアイデア発見や既存商品の問題点抽出といったようなマーケティング課題を解決するために利用されます。通常、バックルームでインタビューの様子を観察することができる専用のインタビュールームに対象者を呼んで1-2時間程度のインタビューを行い消費者の深層心理へのアプローチを試みます。

 定性調査の一番のメリットは、顧客のナマの声を直接聞けるということかと思います。アンケート調査からの数字だけでは読み取れない、顧客の自社商品に対する不満や期待を肌で感じることができます。アンケート調査の場合は予め質問が決まっているために質問したことにしか答えは返ってきませんが、グルインやデプスといったインタビュー形式の場合には、予めガイドラインは決めておくものの、対象者の発言によって、インタビュアーが臨機応変に質問する内容を変えて進行していくので当初予定していなかった発言が出現し、今までに予見していなかった新たな発見があったり深い消費者心理が理解できたりすることも珍しくありません。そして、この定性調査から得られた新たな発見や深い消費者心理の中には無数の新しいビジネス・チャンスが含まれていることが多々あります。このような理由で、近年定性調査の重要性がマーケティング・リサーチ実施企業の中で高まっているように思われます。

 さて、話は変わりますがインターネットの普及によって、様々なビジネスに変革がもたらされたことは、ここに書くまでもありません。読者の皆様が日々実感されていることだと思います。マーケティング・リサーチ業界もインターネットの普及と共に大きな変革がもたらされました。10年前には存在しなかったインターネット・リサーチという調査手法が、今や日本のマーケティング・リサーチの手法の35%※までを占めるナンバーワンの手法になっています。

 このインターネット・リサーチの手法と、定性調査のニーズの高まりを組み合わせて生まれたのが、「次世代型のマーケティング・リサーチ・ツール テレビ電話インタビュー」です。テレビ電話インタビューによって、今後のマーケティング・リサーチは、どのように変わり、どのようなベネフィットが得られるようになるのでしょうか・・・

※日本マーケティング・リサーチ協会(第34回経営業務実態調査より)

 

 


[*]前へ  [#]次へ

▲上へ
マーケティングリサーチのスペシャリストトップページ