マーケティングリサーチのスペシャリスト

メニュー:調査手法
ユーティルの調査手法

弊社が実施する調査手法を紹介させていただきます。

■ デスクリサーチ・ライブラリーリサーチ

政府の統計情報をはじめ、インターネットでさまざまな情報を収集できる時代になりましたが、それらのデータソースの信頼性を確認しながら市場を俯瞰するデータをまとめるには高い専門的スキルが必要です。弊社では専門の分析者によって日本市場にとどまらず、英語圏の資料を含め収集できる情報をベースに的確なデスクリサーチを行うスキルがあります。マルチカントリーでの調査実績も豊富です。

 

■ 産業調査 (主にBtoBインタビュー)

 

■ ウェブ定量調査

2001年より独自の調査システム“util |net”(画面作成、実施、自動集計システム)を開発し、ネットリサーチで10年以上の実績があります。 調査モニターは、一般モニターとして「Tカード会員」、そのほかリサーチ専用会員パネル提供企業のパネルを利用しています。

アドホック(単発)調査から、企業のKPI監査の定期定量調査の運営実績も豊富です。

 

■  ウェブ定性調査

2005年よりオンライングルインやオンラインデプスインタビューにも取り組んできました。*現在は「定性調査維新の会」のシステム提供を受けて実施しています。パソコン通信時代から取り組んでいるフォーラム運営の経験も豊富です(MROC)。日本のみならず、米国での実績もあります。

 

■ CLT調査 (会場テスト)

出現率の低い商品使用者の事前リクルートからストリートインターセトでの実施も十分な経験を積んでいます。 食品・飲料の味覚テストからカークリニックまで、対象商品分野も幅広く経験しています。また海外での実績も豊富です。

模擬店舗設定や会場でのミニデプスインタビューの設定や実施も可能です。

 

 HUT調査 (ホームユーステスト)

機密性の高い商品のホームユーステストの運営も豊富な経験があります。また、海外での実施経験も豊富です。

カルチュア・コンビニエスンス・クラブ(CCC)との連携で、店頭でのサンプリング調査の実施も企画、実施しています。

 

■ グループインタビュー/グループダイナミックインタビュー/デプスインタビュー

クライアント企業の調査目的やニーズに応じて、グループインタビュー、グループダイナミックインタビュー、デプスインタビューを企画提案します。フロー作成、モデレーターの選定、リクルート、発言録作成、同時通訳手配など、ワンストップで、企画から実施、報告書作成までを行います。また調査結果のプレゼンテーション手法として、必要に応じてワークショップの運営も行います。

 

さまざまな産業分野での経験豊富なモデレータを選択できます。海外での実施、国内在住外国人対象のインタビューも可能です。

 

分析手法としては、キーニーズ法的なアプローチや、ガウス生活心理研究所が開発した「NOHL」メソッドを使った分析も継承しています。

 

 

■ 家庭内エスノグラフィー調査 

家庭内にビデオを設置し生活行動を記録、後日インタビューを実施したり、ウェブ上でのインタビュー実施にも豊富な経験があります。

 

■  郵送調査

郵送調査の企画から実施、回収、データ入力、集計、報告書作成までをワンストップで実施いたします。私書箱対応なども可能です。カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)との提携で、3900万人のデータベースをもとにした郵送調査が可能です。50歳以上の方が1000万人います。

 

■  店頭調査

店頭アンケートから行動観察調査、ミステリーショッパー調査まで豊富な経験があります。詳しくはショッパー・マーケティングサービスをご参照ください。 ⇒ ショッパー・マーケティングについてはこちらから




▲上へ
マーケティングリサーチのスペシャリストトップページ